桃太郎の物語から学ぶ成功の秘訣とは?

桃太郎の物語は、お婆さんが川に洗濯に行き、流れて来た大きな桃を拾って帰り、割ってみたら桃太郎が出てきて、一生養ってもらったというサクセスストーリーです(笑)

お婆さんには高度の知識やスキルがあった訳ではなく、〝ラッキー、拾って食べよう〟と判断できる程度の判断力と行動力、そして大きな桃に出会う〝運〟を持ち合わせていただけでした。

このページでお伝えする権利収入の作り方も同じようなもので、上流から流れて来た大きな桃のような情報を拾ってみるだけでも構築できる幸運なものになっています。

知らなかったら〝億〟を損します

最も簡単な権利収入の作り方を、ビジネス成功に必要な最重要3視点から解説します。対象読者は、権利収入を得たいと思っているけどMLMでない方法をお探しの方です。

MLMで成功できなかった方だけでなく、MLMで成功できているトップリーダーが読んでも役立つでしょう。

MLMのように一部のトップリーダーだけが稼げるものではなく、いつも末端で稼げていないような弱者の方でも稼げるビジネスモデル(越境ECサイトビジネス)について解説しているからです。

1回読んで分からなければ、繰り返し読んでください。それだけ価値ある内容になっています。

ビジネス成功に必要な最重要3視点

まず最初に、ビジネス成功に必要な最重要3視点について解説します。MLM成功に必要な最重要な視点は、大きく次の3つが考えられます。

①マインド

MLMの主催会社のオーナーマインドのことを指します。一般的な企業の創業目的は企業側が儲かることなので、どうしても企業ファーストになってしまうため会員ファーストにはなりにくいです。

MLMは主催会社とトップリーダーだけが美味しいビジネスモデルだと言えるでしょう。

②アイテム

緊急ではないが重要なもの(命に関わらない製品)を流通させるMLMでは、なかなか会員拡大速度が上がりません。

MLMは第二領域に属するビジネスモデルだと言えるでしょう。

③システム

富の分配システムを指しますが、企業ファーストの報酬プランだと、支払う分配原資に限りがあるため、主催者側と競争に勝った一部のトップリーダーだけが稼げる弱肉強食の報酬構造になってしまうため、二極化してしまいます。

MLMは正に社会の縮図のようなビジネスモデルだと言えるでしょう。

違いの分かるあなたへ

以上が、MLM成功に必要な最重要3視点でした。それでは、今からMLMとは違う権利収入革命(世界浄化プロジェクト)成功に必要な最重要3視点について解説します。

権利収入革命の側面

①マインド

創業目的は100%利益を(メンバーを通して)社会に還元することです。

権利収入革命はメンバーが稼げるビジネスモデルだと言えるでしょう。

②アイテム

緊急で重要な、命に関わる製品(生命必需品)が主力製品です。

メンバー拡大速度が速い第一領域に属するビジネスモデルだと言えるでしょう。

③システム

全メンバーが億を狙える循環型共創マーケティングです。

すべてのメンバーが稼げる風の時代にマッチしたビジネスモデルだと言えるでしょう。

世界浄化プロジェクトの側面

①マインド

全人類をウイルスの脅威から救う(守る)というマインドです。

健康で幸せに暮らせる世界実現に貢献できるビジネスモデルだと言えるでしょう。

②アイテム

パンデミック終息のために開発された製品群です。

20年前から準備され、時の時に登場したビジネスモデルだと言えるでしょう。

③システム

少しでも早く全人類に広められる手段を採用しました。

あらゆる流通チャンネルを融合させたようなビジネスモデルだと言えるでしょう。

成功しにくいMLMとの違い

権利収入革命とMLMの8つの違い
  1. 権利収入革命には強制的なリピート購入がない
  2. 権利収入革命には毎月の維持費用が発生しない
  3. 権利収入革命には締日(毎月の締め切り)なし
  4. 権利収入革命にはタイトルがない
  5. 権利収入革命には大実績・小実績がない
  6. 権利収入革命にはPVという用語がない
  7. 権利収入革命にはオートシップ(自動購入)がない
  8. 権利収入革命には直紹介0でも稼げる仕組みがある

権利収入革命で億が狙える理由

権利収入革命にはAプランとBプランがあります。Aプランでは1ポジションから数十億円が目指せるプランですが、3月1日に公開されるメインネット(プラットホームの高機能バージョン)にはBプランがついています。

BプランはAプランの1/10の額でメンバー登録が可能で直紹介なしで登録順に数億が狙えるプランになっています。ある一定レベルまでリベート(還元金)が備蓄され、自動的にAプランにポジションが追加される仕組みになっています。

結果的に、AプランからスタートしてもBプランからスタートしても数億~数十億(1ポジションからのリベート額)が見込める構造になっていますので、資金力のある方もない方も億が目指せます。

主催企業&トップリーダーファーストのMLMと違い、権利収入革命(世界浄化プロジェクト)はメンバーファーストの億が狙えるプランに初めから設計されていて、生命必需品が流通するため誰もが受け入れやすいと言えるでしょう。

慎重な日本人がもたもたしていると海外の方々が先に億に到達するでしょう。少しでも早く善良で今まで報われなかった日本人たちに広まればと思っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は最も簡単な権利収入の作り方について、ビジネス成功に必要な最重要3視点から解説しました。

MLMと権利収入革命(世界浄化プロジェクト)の違い、ご理解していただけましたか?

LINE登録されると数本のビジネス詳細説明動画コンテンツを無料で見ることができます。

受け取り方法は簡単で、下のLINE追加ボタンから友だち登録してください。

権利収入革命のすべて(説明動画コンテンツ)を3分以内にお送りします。

『文明は0.1%の創造的人間と彼を支持する0.9%の洞察力ある人間によって発展した』

文明評論家 ジェレミーリフキン

0.1%の天才?先駆者?にはなれないとしても天才的先駆者が開発した成功システムに出会った時に彼を支持し、自らのセレンディピティを発動させてチャンスを掴む0.9%には入りたいものです。